ニキビイメージ

ニキビ治療についてのアドバイス

ニキビや吹き出物が出来てしまうと、それを隠そうとコンシーラーを使ったりファンデーションを厚めに塗ったりしてしまいがちです。
そこはぐっと我慢して、肌荒れなどのトラブルが沈静化するまでは、ナチュラルメイクを心がけるようにすることをおすすめいたします。
毛穴に皮脂などの汚れが詰まってしまい白ニキビができ、それが炎症を起こしてしまうと赤くなってしまいます。
白ニキビなどは、油っぽい食事をとってしまっただけでも、すぐに起こってしまいやすいタイプのものです。
黒ニキビとは、毛穴が詰まって皮脂が溜まってしまっている状態で、それが皮膚の表面に押し出された場合に出来てしまうものです。
その他の理由としては、油分の多い化粧品やクリームタイプのスキンケア用品を使用することによるものがあります。
吹き出物などが出来てしまっている場合には、オイルタイプのクレンジングなどでは控えて、できるだけナチュラルメイクを心がけ、ジェルタイプなどのクレンジングを使用することがおすすめです。
そして陥りがちなのが、洗い過ぎによって過剰に皮脂分泌を促してしまうということです。
洗顔料には界面活性剤などが入っているものが多くありますので、成分に注意してみてください。
過度な洗顔によって、お肌は必要な皮脂まで奪われてしまうケースがあり、それを補おうとして皮脂を分泌させようという働きをしてしまうのです。
ニキビの症状で丘疹と呼ばれるピンク色の状態の時は、決して自分で潰してしまったりしないように、自然に治るのを待つようにしましょう。
黄色っぽく見えたり、白っぽく見えたりする嚢胞の状態の時は、炎症を起こしておりますので潰して押し出したくなってしまいますが、痕が残ってしまう恐れがありますので、皮膚科へ行って治療されることをおすすめいたします。
自分で潰してしまうと、爪や指の雑菌によって悪化させてしまったり、色素沈着をしてシミのように消えない痕になってしまうと言われております。
皮膚科では専用の器具で、芯を取り除けそうな部分を殺菌しながら取り除く治療をしてもらえる場合があります。
治療後は皮膚に負担を与えてしまっているので、何度も冷やして沈静化させてくれました。
ライフスタイルの見直し、スキンケア用品の見直しだけではどうにもならないトラブルが起こってしまった場合は、自分でどうにかしようと悩むのではなくて、専門の皮膚科でご相談されることをおすすめいたします。

Copyright(C) 2010 綺麗な肌を保つ.com All Rights Reserved.